当ブログの分譲地調査は、事前にグーグルマップの航空写真を利用して、街路の形状などから予め分譲地と思われる地域を選定し、ストリートビューがあれば現地の模様を下調べしてから訪問することが多いが、これまで訪問した分譲地の中には、航空写真ではいまだ分譲地の様相でも、実際現地に赴いてみると、個人、あるいは企業によって、一旦は複数の所有者に分譲されたはずの旧分譲地がまるごと買い占められ、立ち入りも難しくなってしまっていた所がいくつかあった。

 ある所は太陽光パネル基地として利用されていたり、またあるところは旧分譲地の入り口に門扉や鎖が設置されていたりと、利用状況は様々だが、僕としても、既に分譲地としての役割を終えて次の段階に進んでいる土地に深入りする理由はなく、むしろ無駄に細分化された分譲地がこのまま放置されるよりは、何かしらの利用方法で再び単一の不動産となる方が流通性も高まるし、よほどひどい利用方法でなければこれは解決済みの問題と考えて、特に紹介もしてこなかった。
Screenshot_20200408-115053
IMG_20200408_102026
山武市埴谷にある単一所有者の私有地となったかつての分譲地跡。現在、この分譲地跡は入り口に門扉とポストが設置され、奥には太陽光パネルか見える。

 まとめて買収される旧分譲地は、いずれも元々家屋が皆無に近い、事実上の放棄分譲地であったが、いずれにしても、いくら限界分譲地の地価が安いと言っても、区画所有者の皆が皆、今日の取引相場に納得しているわけではないし、一民間人では固定資産税の納税者情報までなかなか追えないので、区画すべてを買い取るとなると、それなりの労力や費用を要するものと思われる。


 さて本題に入るが、前回の大洋村訪問では、同行した案内者の方に、前記事で扱った「電柱物件」の他に、特異な状況下にある別の別荘地も併せてご案内いただいた。結論から先に述べると、大洋村飯島字柊平にあるその別荘地は、元々は他の別荘地同様、単に森の中を切り拓いて造成されたなんの変哲もない別荘地だったのが、別荘の利用率が下がるにつれ、未利用区画、未利用家屋が特定の宗教団体によって次々と買い取られ、現在はその団体の活動拠点と化している別荘地である。

 都市部から遠く離れた僻地に設けられた宗教活動の拠点と聞くと、我が国においてはどうしても、過去の悲惨な事件が思い起こされてしまうが(注;問題のある記述だとは思うが、これを単なる偏見だと切り捨てられるレベルの事件ではなかったと考えている)、それでも憲法で信教の自由が保証されている以上、その団体の体質如何に関わらず、どこかに必ず宗教団体の活動拠点は設けられるもので、大洋村の別荘地もまた、そうした拠点として白羽の矢が当たったということである。
IMG_20200405_120023
飯島字柊平にある宗教活動の別荘地へ向かう森の小径。

 その別荘地は、大洋村では珍しくもない、森の合間に切り開かれた細い未舗装道路をしばらく進んだ先にある。途中の道には、この先に宗教施設があることを示す案内看板のようなものはなかったが、やがて奥の木々の隙間の先に、祭事で使われる紅白幕が掲げられた別荘地が見えてくる。この時点で普通の別荘地ではない。
IMG_20200405_120029
森の小道の先に、紅白幕が掲げられた別荘地が出現する。

 別荘地の入り口には「一般社団法人 日本上座仏教修道会 浄心庵精舎」と書かれた看板があり、その左隅に各施設の配置図がある。配置図を見る限り、既に7棟がこの「日本上座仏教修道会」という団体の所有となっているらしく、駐車場まで配備されている。別荘地内の建物は、大洋村でよく見る簡素な建売別荘ではなく、区画によって造りや規模もバラバラなことから、元はそれぞれ当初の区画取得者が注文住宅で建築したと思われるが、配置図に記載されていない建物も、既に住民が暮らす気配はなく、事実上、この修道会がワンブロック丸々活動拠点として利用している模様だ。
IMG_20200405_115912
別荘地入口に立てられた看板。
IMG_20200405_115922
各施設の配置案内図。既に7棟の別荘が宗教施設として転用されている。

 別荘地は全部で20区画ほどの小規模なもので、数分も掛からず全て見て回れる程度の規模だが、別荘地内には至るところに紅白幕が下げられ、もはや通常の別荘利用者が入り込む余地はなくなっている。建物にはそれぞれ「法友の家」「メンタルフレンドハウス」「瞑想堂」など、部外者にはその用途もわかりにくい施設名を記した看板が掲げられているが、そのうちのいくつかには、日本語の他にビルマ文字が併記されている。

 ただ、目に入るのはあくまで活動用の施設であり、修道会の会員が居住していると思われる居宅は見当たらず、訪問時は人の姿を見かけることもなかった。ここの別荘地の周囲には、一般の所有者の別荘住宅も点在しているのだが、さすがに1画が丸ごと特定の団体の活動拠点となっているためか、ほとんどの別荘は管理も甘く、あまり利用されている気配はなかった。

 ちなみに案内者の知人曰く、この別荘地が現在のように宗教施設として転用され始めたのは、まだ数年ほど前のことだそうである。
IMG_20200405_115620
IMG_20200405_115714
街路沿いには紅白幕や旗が掲げられ、新規住民の入り込む余地はもはやない。
IMG_20200405_115516
IMG_20200405_115546
IMG_20200405_115654
別荘住宅のいくつかは、活動施設として転用されている。
IMG_20200405_115758
配置図に記載されていない家屋も、既に使われている気配はない。
IMG_20200405_115155
会員が常住している気配は見当たらなかった。あくまで活動施設のようである。


 ところで「日本上座仏教修道会」とはいかなる団体か。一般社団法人とあるということは、宗教法人としての認可は受けていないものと思われるが、その名称からしても、事実上の宗教団体であることには疑いはない。公式サイトによれば、この団体は1989年、日本において上座仏教の教えを広めるために発足した旨の記述がある。指導者は、画像の横断幕にも記されている、ビルマ(ミャンマー)出身のバッダンタニャーヌッタラ大長老、とのことだ。ビルマと言えば敬虔な上座仏教の国である。

 その設立年の前年の1988年、ビルマでは、長年の経済低迷の元凶となっていたネ=ウィン元大統領による独裁的な社会主義体制の変革を求めて、大規模な民主化要求運動が発生している。結果としてこの運動は、夥しい死者数を出す苛烈な弾圧を招くことになり、後の軍事政権樹立の引き金を引くものになってしまったのだが、その際、多くのビルマ人が、弾圧を逃れて日本を含めた諸外国に脱出・亡命しており、今でも日本には一定数の在日ビルマ人が暮らしているので、僕は最初は、この団体はそんなビルマ人たちの一種のコミュニティとして機能しているものかと思ったのだが、サイトを見る限りどうもそういうことでもないらしい。指導者の略歴を見てもそんなビルマ情勢を匂わす記述は何もなく、布教の対象はあくまで日本人であるようだ。IMG_20200405_115508

 まあ、ここでこの団体の活動内容まで詳述しても仕方がないので、当ブログではこれ以上は言及しない。もし興味のある方がいらっしゃれば、連絡先は公式サイトで公開されているので問い合わせていただくとして(文末にリンクがあります)、当ブログとしては、たとえそれが特定の宗教施設であるにせよ、別荘地の新たな活用方法のひとつとして興味深く注目した。
 
 画像を見てもおわかりのように、ここの別荘地は、管理状況はきわめて良い。個人の管理ではないのだし、とりわけ宗教行事の場として使われているのだから当然かもしれないが、それにしてもこれまで紹介してきた他の別荘地と比較すれば、これはもう別荘地としての理想的なあり方と言って良い管理状況である。

 大洋村の別荘地というものは、これまで当ブログで紹介してきたような、末期的なまでに荒れ果てたボロボロのものばかりというわけではない。鹿島臨海鉄道の大洋駅周辺や商業施設に近接したエリアは開発時期も遅く、今でも新築家屋の建築も行なわれている現役の別荘地である。その住環境は、別荘らしい小さな建物が目立つ点を除けば一般的な住宅街のそれと変わらない。

 しかしこの柊平の別荘地は、森の合間の狭い未舗装道路の突き当りにあり、駅も商業施設も遠い、利便性で言えば最低ランクの別荘地である。瞑想を行うとなれば、このくらいの立地のほうがむしろ都合が良いかもしれないが、村内の同ランクの一般的な別荘地と比較して、法人によるこの適切な管理ぶりを目にしてしまうと、住民個人による住環境の維持が、いかに困難が伴うものか痛感させられる。
IMG_20200405_115944

 だがさすがに、良好な住環境を維持するために宗教団体を立ち上げましょうなどというのはあまりに突拍子もない提案であり、この分譲地をひとつのモデルケースとして扱うのは正直言って非現実的なのだが、宗教団体でなくとも、何かしらの手段によって、分譲地全体を、居住者、あるいは利用者の共有空間として開放し、適切な住環境が維持される道はないものだろうかと、いまだ予算の問題で捨て値の大洋村の別荘地ですらただのひと区画も買えない分際の僕でも考えなくもない。既に荒れ果てた別荘地も多い大洋村だが、地価の安さを考えれば、まだその可能性は僅かだが残されていると思うのだ。


参考サイト:日本上座仏教修道会公式サイト 


宗教行事で再利用される別荘地へのアクセス

・鉾田市飯島字柊平