IMG_20210617_130053
 数日前に、YouTubeの「不動産投資の楽待」チャンネルに出演した際の動画が公開されてから、当ブログは過去に例のないほどのアクセスを頂いていました。当初は僕もその反響を喜び、動画の再生回数やコメント欄を頻繁に確認したのですが、再生回数はともかくそのコメントの内容を見るにつけ、次第に失望の方が大きくなり、動画の影響でアクセスが増えることへの拒絶反応が起きていました。ここしばらく、ブログ記事を非公開としていたのはその理由によるものです。

 のちにTwitterのフォロワーさんよりご指摘を頂いてコメント欄を確認したところ、動画の内容とも無関係な、ほとんど人身攻撃としか言いようのないコメントに限っては、楽待側で削除している模様で現在は無くなっているのですが、正直なところ、書かれていたコメントを見る限り、そもそも僕がこのようなブログを続けてきた意図そのものがあまり正確に伝わっていないことが多いように見受けられました。

 もちろん、読み手の解釈は自由であり、それは書き手が一方的に押し付けられるものではなく、意に沿わない感想を持たれたからと言って一方的に情報を遮断することはあまりに尊大に過ぎる話なのですが、考えてみればそれ以前の話として、僕はこのブログの開設当初から唐突に限界分譲地の紹介を始めており、そもそも開設したきっかけなどをお伝えする機会がこれまでほとんどありませんでした。ですので、おそらく初めて当ブログを読まれる方も少なくないであろうこの機会に、改めてそのあたりの話を簡単にさせていただければと思います。
IMG_20210425_130529_1
 まず、おそらくこれは過去に紹介した分譲地の記事をお読みいただいていた方であれば薄々分かっていたことだとは思いますが、はっきり言って当ブログで紹介している分譲地の多くは、今となっては経済的に裕福な人たちが住まいとして選ぶような地域ではありません。一部、地価の安さを逆手に取って豪奢な住宅を建築したり、あるいは別荘として取得されて使われている住宅もあるのですが、それは例外的な存在であり、多くの住民は、90年代以前にはこのような立地の分譲地の取得が所得面で限界であった人、または地価や賃料の安さを理由に暮らしている人が大半だと思います。

 限界分譲地の各戸の所得や資産状況について統計を取ったわけではなく、あくまで見ただけの印象による推測に過ぎませんが、家並みや敷地内の状況、保有している自家用車の種類や状態などを見れば、これは誰でも容易に推察できるものです。今、北総の僻地にある寂れた分譲地を見て、そこが高級住宅地であるとの印象を受ける方は皆無だと思います。動画内でも簡単に言及していますが、丁寧な管理をしていない家と言うのは、単に空き家と言うだけではなく、家屋の維持管理にお金を掛けられていない住宅が目立つ、という意味なのです。
IMG_20210228_110719
 もちろんそれは、単に経済的な困窮が理由なのではなく、年齢や持病の問題で思うように手入れが回らないという事情もあると思います。いずれにせよ、一見しただけで荒んだ印象を持つ分譲地が数多く存在します。しかし、それでも当ブログで紹介している分譲地の多くは、今でも現役の住宅地として使用され、そして土地にせよ中古住宅にせよ、価格はともかく、今でも地元の不動産業者によって商品として普通に取り扱われているものです。

 僕は、この点こそ北総の限界分譲地が抱える問題点であると考えています。動画のコメント欄でも散見されますし、しばしば頂く感想として、現在は人口減の時代で都心回帰が進むのだから、放っておけば衰退してやがて自然に還るので対策は必要ない、というものがあります。確かに我が国においては、空き家問題という言葉が取り沙汰される近年よりずっと前、それこそ高度成長期の時代から、災害や産業構造の変化とともに居住に適さなくなった集落は、家屋や家財道具を撤去することもなくそのまま放置され、長い年月を経て朽ち果て、自然に吞み込まれていくのが通例でした。住民の能動的な集団離村という形で集落が解散した事例もありますが、近年の消滅集落は、人口の自然減に伴う集落の放棄というケースが特に多いと思われます。
IMG_20210509_122957
 しかし、こうした消滅集落の事例を、当ブログで紹介する限界分譲地、限界ニュータウンに当てはめて同様の結果を期待するのは、以下の点においてかなり無理のある話であると考えています。まず多くの北総の限界分譲地は、採鉱や林業の衰退とともに姿を消した遠い山村の消滅集落と異なり、自然消滅を期待するには大都市圏や人口密集地から近すぎるという事、そして地域の公共交通網の現状や住民の就業構造などを考えても、住民の公共交通への依存度や期待値が低く都市部のような公共交通機関の利用を前提とした居住地の集約化は望めないという事、そして現在でも地元の不動産市場で流通している以上、最安値の価格帯の不動産商品として一定の需要があり、仮にもその取得に強い規制を掛けることは地域の住宅市場に大きな混乱をもたらす恐れがあるという事です。

 また、分譲地という性質上、再び農地やその他の事業用地として転用を図るにしても、いずれにせよ細分化し散逸しつつある所有者情報の集約が必要となり、すぐ隣でそんな手間暇をかける必要がない広大な敷地の事業用地が普通に売買されている現状では、そのような転用の可能性も絶望的であると言えます。
IMG_20210509_122827
 こうした中、多くの限界分譲地の家屋が、安価に放出されたり、有態に言えば「下層」の賃貸物件として再供給され、今後も利用されていくという現状がある以上、おそらく不適切な管理状態の家屋や空き地が増えていくであろうことが予測される住宅地の利用方法や、それによって当然発生するであろう様々な問題点を、同じくこのような地価の安い分譲地にしか住まいを求められない僕たちの視点を通じて、目に余る事例をケーススタディとして発信し、その課題を共有しようと考えたのが、そもそものブログ開設のきっかけでした。

 ですので当初は、それこそこのブログがYouTubeで紹介されることなど夢にも考えておらず、極めてローカルな情報ブログを想定していたものです。これまで文筆業の経験など一切なく、またそれを目指したこともなかった僕がそんなものを作ろうと考えるほど、北総の限界分譲地を含めた不動産市場に関する情報は限られていました。

 ただ、それをそのまま問題点の羅列という形で書いたのでは、非常に退屈なものになってしまい読んでいて苦痛ですし、何より僕自身も書き続けられるようなものではないので、自分もそのような分譲地に住む住民の一人として、いわば少し自虐の意味も込めて、読み物として読めるように軽口を混ぜていました。地価が安いだけで、お世辞にも恵まれた住環境とは言えない限界分譲地の問題点を、自虐的に笑い飛ばしつつも、ちゃっかりと使えるところは使っていく強かなライフスタイルを提案したかったのです。
IMG_20210509_132556
 そんな僕でも、今残されている多くの限界分譲地のすべてを、今後も住宅地として適切に維持していくべきだと考えているわけではありません。今でこそ、安価な投資先としてにわかに注目を浴びている北総の不動産市場ですが、今日の人口動態を考えれば全ての維持など土台無理な話です。ただ、すべての維持は無理だとしても、取捨選択はできるのではないかとは思いました。どうにも使いようもない荒廃した分譲地に関しては、細分化された所有権の整理はまた別の話として、現状では放置以外に取れる手段はないのですが、一方で、従来はなかった発想で新たな利用方法が生まれれば、利便性の枠組みだけで測ることのできない、万人向けでなくても独自の付加価値を備えた住宅地としての再生もありうるのではとの期待があったのです。
IMG_20210608_113805
 ただそこまで提案するには、都市設計など学んだこともない僕ではあまりに力不足に過ぎる。僕が出来ることは、とりあえず身近にある限界分譲地の現状を伝えていくことのみだと考えて、それで今日までブログを運営してきたものです。読者の皆さんが、僕のこの思惑にすべて共鳴する必要はないと思いますが、これはそういうひねくれた意図のもとに続けてきたブログだという事はご理解いただけると幸いです。自分語りの混じったうっとうしい記事になりましたが、記事公開の再開に当たって、こんな話はあまり語る機会もないと思うので少し思いを吐露させていただきました。突然の非公開でご迷惑をおかけいたしました。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。