リバティヒル500 (4)
 リバティヒル500は、成田駅から北東におよそ15km。神崎町との境に位置する、団地名と航空写真から判断して総区画数およそ500程度の中規模な分譲地である。先に紹介したビバランド団地同様、こちらのリバティヒルも、周囲は田畑や丘陵の他、ゴルフ場やキャンプ場など、今日の感覚ではおよそ住宅街を開発するロケーションとは言えず、最寄り駅の下総神崎駅から徒歩1時間という、利便性など糞食らえ、と言わんばかりの立地だ。
リバティヒル500 (1)
緩やかな丘陵上に切り開かれたリバティヒル500。

 リバティヒルという団地名は、まあ読んで字の如し、人気の住宅地として名高い東京の「自由が丘」をそのまま英語にしただけ、という疑いが濃厚だが、しかし本家の自由が丘が、実はその名に反して町域の大半が谷底みたいな土地であるのに対し、こちらのリバティヒルは緩やかな丘陵地に切り開かれており、自由であるかはさておきとりあえず丘と呼ぶには相応しい立地だ。ただし坪単価は自由が丘のそれと比較して数百分の一である。
リバティヒル500 (11)
リバティヒル500 (10)
リバティヒル500 (9)
リバティヒル500内の街路。飾り気はないが幅員は広く歩道も確保されている。

 ただ団地内は、空き地こそ目立つものの家屋は比較的新しいものも多く、中には建築途中の家も見かける。ビバランド団地の街路が、軽自動車の離合も困難な狭隘路であるのに対し、リバティヒルは歩道の確保された道もあり幅員にも余裕があり、大体どの街路も乗用車の離合は容易である。ビバランドよりも開発時期が遅かった分、住宅地としての規格はより現代のそれに近い。

 空家もあるにはあるが、蔦が絡まりお化け屋敷のようになった空家はほとんどなく、こう言っては何だがビバランドと比較するとかなり明るい印象である。南向きの傾斜地であるので日当たりも良く眺望も優れている。
リバティヒル500 (16)
空き地も目立つが今日でも住宅の建設は続けられている。

 この条件で、地価に関してはビバランドとほとんど大差ないのだから、この立地で問題なければ、おそらく大半の方がリバティヒルを選択するであろう。宅地は坪単価10000円前後から販売されており、ビバランド同様、団地内は集中井戸、集中浄化槽によって管理されている。団地内には「価格坪1万円以下です」と明記し、いまだ地価狂乱時の価格を忘れらない地主や住民にプレッシャーを掛ける地元業者の看板もある。
リバティヒル500 (7)
「価格坪1万以下です」と明記し、高値掴みした近隣住民の神経を逆撫でする地元業者の看板。

 しかし施設管理費が必要になる分譲地の場合、例えば分譲マンションの競売物件を落札する際と同様、前所有者が管理費を滞納していた場合、次の取得者が滞納分を負担する必要がある可能性があるので、販売価格だけで判断するのは禁物だ。何にせよ、これを言っては何だが、このような人口増加が期待できないエリアの分譲地で、住民だけで上下水道施設の維持管理費を捻出するのは容易ではないと思われる。いずれは個別井戸や個別浄化槽で対応する日が来るのかもしれない。
リバティヒル500 (3)
団地内のはずれに位置する集中浄化槽。自治会によって管理されている。

 ところで不可解なことに訪問時、団地内では土地の造成工事が行われていた。まだ築数年しか経過していないと思われる新しい建売住宅が並ぶ一角もあるにはあったが、しかしこれほど空き地が存在するのにわざわざ新たに造成する必要があるのだろうか。既存の宅地が坪1万円から販売されている中、多額の工事費用をかけて造成し建売住宅を販売したところで、おそらく注文住宅と大差ない程度の価格でしか販売できないのではないか。リバティヒルは公共交通機関でのアクセス性が壊滅状態で、成田市のコミュニティバスと、神崎町の無料循環バスが、それぞれ片道1日1本しかない。同じく限界住宅地に住む僕が言うのもおかしいが、それでいいのか、と思わなくもない。あるいは住宅用地ではなく、太陽光発電基地の新設なのだろうか。
リバティヒル500 (17)
何故か今日においても団地の拡張が続けられている。


リバティヒル500へのアクセス

成田市稲荷山/成田市久井崎
・圏央道下総インターより車で5分
・京成成田駅より成田市コミュニティバス 津富浦ルート「リバティヒル中央」バス停下車
・成田線下総神崎駅より神崎町営循環バス「古原清和団地」バス停下車徒歩10分