IMG_20200830_135658
 前回の「総武台団地」の記事でも触れたように、開発ブームが始まった1970年代初頭から、バブル崩壊後の90年代初頭頃までにおける新聞紙面上の不動産広告は、そのほとんどが、今日でもその名を聞く大手デベロッパーの手による大型分譲地や分譲マンションの広告である。当ブログの主要探索エリアである千葉県北東部の分譲広告も少ないながらあるにはあるのだが、やはりそのほとんどは、ある程度の区画数を確保した中規模以上の団地の広告であり、数十区画程度の小規模な分譲地のものはまず見かけることはなかった。

 そんな中で、今回紹介する、1990年2月16日付の読売新聞紙上に掲載されていた、旧成東町(現・山武市)の建売分譲住宅「成東松ケ谷団地」の広告は、総武本線成東駅からバスで20分の立地に位置する、総販売戸数僅か16戸の小規模分譲地でありながら、大手新聞の都内版に掲載されていた珍しいものである。1990年と言えば時はバブルの絶頂期。この時代の新聞はひときわ不動産広告が多数掲載されていた頃で、広告に掲載されている物件のうち、都内23区に位置するものはそのほとんど全てが億単位の価格を付けられていたほどの地価狂乱時代である。

 この当時は千葉県の県庁所在地である千葉市の建売住宅でも、7000万円から8000万円という価格が付けられるのが当たり前であった。そのあまりに暴騰した住宅費を避けるために、八街や東金、成東と言った、都心までのアクセスに劣る地域の、それも駅から遠く離れた限界分譲地にまで次々と住宅が建設されていったのもこの時代である。
成東松ケ谷団地001
1990年(平成2年)2月16日付の読売新聞に掲載されていた「成東松ケ谷団地」の分譲住宅の広告。

 上の画像がその広告である。広告によれば、販売住宅の延床面積は94㎡~103㎡、敷地面積は166㎡~173㎡であり、販売価格は2820万円~3380万円とのことである。販売価格だけ見れば、当時の都市部の住宅価格よりもずっと安く、一目見て衝撃を受けるほどの金額ではないように思えるが、この分譲地は成東駅からおよそ8㎞ほども離れた水田地帯の一角にあり、もちろん周囲に商業施設は皆無である。現在、成東エリアで同スペックの建売住宅を探すと、安いものでは駅からバスどころか、徒歩15分の立地で1630万円から販売されているので、立地の違いも含めると、おそらく今日の水準の倍以上の価格設定であろう。
成東建売
「成東松ケ谷団地」の建売住宅と同スペック程度の、2020年現在の住宅広告。駅徒歩圏でありながら価格は半値近くまで下がっている。

 と言うことで、さすがにこの成東松ケ谷団地は、前回訪問した総武台団地と異なり、バスの減便が繰り返された今日では、公共交通機関を利用して訪問するのはあまりに億劫なので(総武台団地も電車で訪問したわけではないが)、自家用車で軽く訪問してみることにした。行く前から分かり切っていたことだが、団地の周囲はやはり見渡す限りの田畑で、商業施設はおろか一般の民家すらほとんど見当たらない。九十九里平野の、このような超絶不便な立地に展開された分譲地のほとんどは、名目上は別荘地としての分譲であり、そしてそのほとんどが今も更地のままなのだが、一方で都心のベッドタウンとして展開された住宅地も存在するというのは、実は僕にとっても新鮮な発見であった。
IMG_20200830_135035
IMG_20200830_135242
「成東松ケ谷団地」周辺の田畑。見渡す限り、民家もほとんどない。
IMG_20200830_135304
田園地帯の片隅に切り開かれた成東松ケ谷団地。

 そんな広大な田畑の一画に、身を寄せ合うように住宅が立ち並んだ一画があり、それが目指す成東松ケ谷団地である。広告に掲載されている建物の写真は、施工例として紹介された別の分譲地のものなのだが、外観を見る限りでも、同一の施工会社によるものであることは明らかである。

 近づいてみると、さっそく目に入ったのは、雨戸も締め切られ、雑草も伸びたほとんど居住感のない建物で、おそらく空き家であると思われる建物だ。雨戸も錆び、バルコニーの床が一部朽ちているのが確認できるが、ここは海からもそれほど遠くない立地なので潮風の影響によるものだろうか。
IMG_20200830_135402
IMG_20200830_135414
団地の北西部に位置する、あまり居住感のない家屋。
IMG_20200830_135902
雨戸は一部錆び付き、バルコニーの床も少し腐朽しているのが見える。

 少し奥へ進んでみると、「好評売出中」と書かれた看板とのぼりが掲げられた、綺麗にリフォームされた家屋が目に入る。会社名を見ると、こうした中古住宅を買い取り、徹底的にリフォームしたうえで再度販売する住宅販売会社「カチタス」の物件であった。不思議なことに、現在も成約している気配はないにもかかわらず、なぜかこの成東松ケ谷団地の売家の広告は、カチタスの公式サイトでも紹介されていないのだが(ちょうど成約直後なのかもしれない)、偶然にも、僕は半年ほど前に、Twitter上で物件情報をつぶやく際の参考画像として、カチタスが出稿していたこの物件広告のスクリーンショットを保存してあった。
IMG_20200830_135823
「好評売出中」ののぼりが掲げられたリフォーム済みの売家。
IMG_20200830_135846
売主は、買い取り物件にリフォームを施し再度販売する住宅販売会社「カチタス」。
katitas
以前Yahoo!不動産に掲載されていた、同物件の広告(現在は未掲載)。物件画像はリフォーム前のものだ。

 その広告を見ると、売値は1099万円とのことで、正直なところ、築30年経過した、しかも成東駅より徒歩110分の家屋と考えると、その販売価格はひどく高額に感じてしまう。実際のところは、たとえ200~300万円で投げ売られている現状渡しの物件でも、壁から屋根から水回りからすべて業者発注でフルリフォームすれば、合計ではおそらく同程度の金額を要するであろうし、もとより購入後すぐにリフォームする予定のある方は、カチタスの物件はリフォーム費用も低金利の住宅ローンに含めることが出来るので、カチタスのビジネスモデルも一概に否定できるものではないのだが、それにしても成東界隈で1100万円もの予算を出すのなら、もう少し他に選択肢もあるのではないのかと、つい余計なことを考えてしまう。なお、このカチタスの売家から2軒隣に、全く同じ外観の、空き家と思われる家屋が存在していた。
IMG_20200830_135533
カチタスの売家のすぐ近くにある、全く同じ造りの空き家(?)。

 ここは非常に規模の小さな分譲地なので、これ以外に特に際立って変わった模様はなく、強いて言えばある住宅で、庭を潰して駐車場スペースの拡張工事が行われていたことである。昨今は郊外住宅の高齢化が進み、また公共交通の衰退によって、より自家用車への依存度が高まるにつれ、手入れに手間の掛かる広い庭はあまり好まれず、中古住宅でも、元は庭だったスペースにコンクリートを打って駐車スペースに転用しているものはよく見掛ける。
IMG_20200830_135531
IMG_20200830_135645
規模の小さな分譲地なので、全体としてそれほど変わったところがあるわけでもない。
IMG_20200830_135819
駐車スペースの拡張工事が行われていた家。

 ただ、よくよく考えると、この分譲地は販売当初は16戸であったものの(団地南側の7戸の区画は別の分譲地であるようだ)、雨戸が締め切られて、家財道具もなく、草刈りが行われていない家がすべて空き家であった場合、空き家が3戸、売家が1戸、そして表札の名前にテープを貼って修整していた家が1戸あったので、少なくとも5戸が、既に当初の購入者が手放したか、あるいはほとんど未利用のままであるということである。立地条件の悪い限界分譲地は住民の入れ替わりが激しいものだが、ここもなかなかの割合で住民が入れ替わっていることが推察できる。僕も好き好んで限界分譲地の家や土地を探しているが、現実はなかなか厳しいものであることを思い知らされる光景である。
IMG_20200830_140110


成東松ケ谷団地へのアクセス

千葉県山武市松ケ谷ロ(ろ)
・総武本線成東駅より車で8㎞