【前記事からの続き】

③電気・水道・ガス
 
 電気に関しては、千葉の一部の放棄分譲地と異なり、大洋村の別荘地で電気が供給されていないようなところはないので問題はない。我が家も既にスマートメーターに交換済みで、ご丁寧なことに、もはや長年利用されてないと思われる近隣の廃屋のメーターも、全てスマートメーターに交換されている。

 上水道は、前回の記事でもお伝えしたように、我が家の別荘地は管理会社が供給する集中井戸である。敷地内には制水弁のハンドホールがあり、制水弁より建物側の配管は我が家の所有、制水弁から水道の供給元である圧力タンクまでは管理会社の所有である。納入した管理費で維持・補修されるのは、管理会社が所有する区間の配管だ。一般の公営水道と同じである。
IMG_20200607_114636
水道の元栓。ここより建物側の配管が各区画所有者の自主管理となる。

 重要なのは排水だ。契約時の重要事項説明においては、我が家の建物は、トイレの汚水は現在では新規の設置が禁止されている単独浄化槽、その他の雑排水は浸透枡による宅内処理と聞かされていた。浄化槽について素人の僕は、てっきり現在の合併浄化槽によく見られるFRP製のものを想像していたのだが、雑草に埋もれた蓋はコンクリート製のもので、浄化槽本体も同じくコンクリート製であった。古い基準の浄化槽は、このようなものもあるらしい。

 浄化槽にはブロワーを繋ぐホースや、ブロワー用のカバーも残されていたが、肝心のブロワー自体がない。鉄・金属の価格が高騰した数年前は、各地で空き家に放置されたエアコン室外機の盗難が問題になったが、同時にブロワーの盗難も相次いでいたようである。大洋村は放置家屋が多いため、アルミサッシの盗難まで発生する深刻な事態に陥っていたので、我が家のブロワーも盗難に遭った可能性がある。

 仮に残っていたとしてもまともに使えるかは怪しいので、メルカリで3500円(送料込み)の中古ブロワーを調達して取り付けることにした。
20200608_144450
ブロワーは盗難されたのか、カバーだけが残されていた。
IMG_20200607_130452
メルカリで購入した中古品のブロワー。動作確認済。

 トイレは既に使い始めているので、鉾田市内の浄化槽管理業者の一つに電話して、古い単独浄化槽であることを伝えた上で点検のお願いをしたところ「水が溜まってれば大丈夫ですよ」と、なんとも鷹揚な回答が返ってきた。そこで自分で浄化槽の蓋を開けて見たのだが、水は溜まっておらず空だったので、外水道と残置物のホースを使い注水してみた。しかし浄化槽は、浄化槽法に基づき使用者の責任において、指定管理士による定期的な点検が義務づけられているはずなのだが、本当にこれで良いのだろうか。

 いずれにせよ、40年も前に造られたコンクリート製の浄化槽となると、そう遠くない将来(あるいは今の時点で)、ひび割れなどで使用不能になる可能性も高いので、その場合はこの浄化槽の穴に便槽を埋め込んで、簡易水洗トイレに切り替えようと考えている。合併浄化槽は、たとえ補助金が支給されようとも費用は掛かるし、この建物にはオーバースペック過ぎる。

 余談だが、手入れがされていない廃屋の古い浄化槽は、すでに破損して崩落していることもあり、無用な廃墟探索はこの浄化槽跡に落下し怪我を負うこともあるので、あまりむやみに立ち入らないようにしたい。なお北総では、90年代初頭の家屋にも、古い規格の単独浄化槽が設置されていたケースも認められる。
IMG_20200607_144714
浄化槽は空だったので、とりあえず残置物のホースを使い注水して様子見。機能してなければ異臭で気付く、とのこと。

 しかし、浄化槽はこれで良いとしても雑排水用の浸透枡が見当たらない。僕もまだ、水回りの床板を剥がして確認したわけではないので今の時点ではなんとも言えないのだが、少なくとも外水道の排水口として地中に埋められている塩ビ管パイプの位置を見る限り、浄化槽とほぼ同じ位置で、あるいは浄化槽の浸透枡と共用されている可能性がある。

 1983年の浄化槽法制定以前に設置された古い浄化槽は、統一された建築・設置基準もなく、施工業者によってその造りもまちまちであることがあるらしい。この別荘地には浄化槽の汚水を流し出す側溝はなく、雑排水であれ浄化槽の排水であれ宅内処理しているはずなので、断定はできないが果たして浄化槽として正しく機能するものであるかどうかも怪しい。これは、大洋村に限らず83年以前の古い浄化槽全般に言えることなので、古い家屋を取得する際は是非浄化槽には細心の注意を払ってほしい。


 ガスに関しては、この建物は元々プロパンガスの利用を想定した造りになっており、風呂釜もプロパンガス用であり、流し台と浴室にそれぞれ一口ずつガス栓がある。
IMG_20200531_130416
掃除中の画像なので見苦しくて恐縮だが、画像右下に残置物のプロパンガス用コンロがある。

 前オーナーは実際にプロパンガスを契約していたらしく、何故か八街市のガス業者の名刺が残されていたが、ガス会社には悪いが率直に言って、今からこの家に新たにプロパンガスを設置するメリットは低いと思う。
IMG_20200301_123801
プロパンガスボンベが設置された別荘。大洋村の古い別荘では一般的だ。

 そもそも我が家の風呂釜の煙突は、屋外部が既に錆びつき、腐り果てていて使えないし、そうでなくとも、我が家を含めて大洋村の別荘は傾斜地に位置して車両の乗り入れに難のある立地が多く、一般家庭用の大きなガスボンベの設置が困難である。
IMG_20200607_141412
風呂釜の煙突は既に錆びて腐り果てている。

 小型サイズのガスボンベを調達し、ガスを充填させて持ち込んで使う手もあるが、それも手間の掛かる話だし、プロパンガス供給会社は、契約加入者以外のガスの充填や、契約住所以外でのプロパンガスの使用を断るケースも多い。常設するとなれば基本料金も掛かるので、常住でもなければプロパンガスのメリットを享受できる機会も少ないと思われる。

 今後新たに設置するならば、電気温水器か、灯油給湯器などに切り替えるか、我が家の場合は、風呂には薪焚き用の風呂釜を設置し、ガスコンロはカセットボンベ式を使う予定である。

【次記事に続く】