少し前の報道になるが、2020年9月21日付の『千葉日報』において、不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULLが、首都圏一都三県の、物件問い合わせ数の増加率を駅ごとに集計したところ、なんと八街(駅)が賃貸物件の上昇率1位という結果が出たことが報じられた。2位は姉ヶ崎(市原市)、3位は大網(大網白里市)で、驚くべきことに上位3位とも千葉県の郊外部、それも都心からかなり遠く離れた地域の駅である。

 もちろん、これはあくまで「上昇率」なので、極端な例を言えば、それまで1件しか問い合わせがなかった地域に、2件の問い合わせが来ればそれだけで上昇率は2倍になってしまうのだが(そんな単純な集計方法でもないとも思うが)、八街はそこまで物件の供給自体が希少な地域ではもちろんなく、恒常的に供給が続く地域であることを鑑みれば、実際に問い合わせの数自体は急増したことは疑いはないだろう。
賃貸1位八街001
八街駅が首都圏において賃貸物件の問い合わせ数の増加率が1位となったことを報じる記事(「千葉日報」2020年9月21日付)

 2020年は、もはや周知の通り新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、我が国でも緊急事態宣言の発令に伴い多くの企業によって在宅勤務、テレワークへの切り替えが試みられた。調査元であるライフルも「在宅勤務(テレワーク)導入などライフスタイルの変化が背景にある」と分析しているが、しかしいくらテレワークが推進されたからと言って、それで直ちに八街への移住を決断した人が急増したと言われても、それもあまりに奇妙かつ突拍子もない話であると思わざるを得ない。

 思うにこれは、テレワークで移住志向が高まったのではなく、もっと切実な話、コロナ渦によって収入が激減したり途絶えたりしてしまった方が、より安い賃料の物件を求めて、首都圏最安値と言っても過言ではない八街の物件に注目した、というのが事実なのではないだろうか。
八街駅
八街駅前。

 実際、現在は横芝光町の海岸付近で暮らす僕の目から見ても、八街は利便性の割に地価が安い地域だと思う。八街より更に都心から離れて奥地へ向かっても、物件の供給数自体が減るので(更地を除く)、賃料相場はほとんど変わらないし、たとえば横芝光町からでは、都内へはもちろん千葉市へ通うのも少々億劫な距離になってしまうが、これが八街であれば、都内でもなんとかなるし、千葉市であれば、それこそ八街はそもそも昔も今も千葉市のベッドタウンとして機能しているからだ。

 八街と同じく利便性の割に地価が安い町として東金も挙げられるが、都心、千葉市方面までのアクセスは同程度でも、もう一つの通勤エリアである成田市、空港方面へのアクセス性は、東金より八街の方に分がある。
八街駅 (4)
 考えてみれば八街という町は、開拓によって入植がはじまった当初から、常に東京・首都圏の社会情勢の急激な変化の調整弁として機能してきた。明治維新に伴い増加した旧士族などの窮民対策としての入植、敗戦後の食糧難の対策としての旧軍用地の払い下げによる再開拓、開発ブームとバブル時代の地価狂乱時における、いわば安価な応急処置としての住宅の急増、バブル崩壊後、日本一の発生件数となった競売によって新たに生じた安価な賃貸物件の急増、そして今回のコロナ禍によるその多数の賃貸物件への関心の高まり、などなど、決して華やかなものではないが、今も昔も八街は首都圏の住宅事情において極めて特殊な立ち位置を確保していると言える。
20180421_085024
 さて、そんな訳でにわかに注目を集めている八街の賃貸物件であるが、この集計結果にはもう一つ指摘しなければならない重大な問題点がある。前述の記事によれば、問い合わせ数の増加率の集計は駅ごとに行われているとのことなのだが、不動産物件サイトの特性として、多くの住民が公共交通機関を利用して生活している首都圏郊外部と異なり、八街を含め、公共交通機関が貧弱で、住民の多くが自家用車によって移動手段を確保している地方部では、そもそも物件サイトの交通機関の情報自体が重視されておらず、その記載内容は極めて投げやりで杜撰であるという点である。

 この地域で鉄道を日常的に利用する機会のない方は、まず公共交通機関の存在そのものに無頓着なことがほとんどなので、広告を出す不動産業者も、1日にわずか数本しかない路線バスやコミュニティバスの情報や、停留所から物件までの距離をわざわざ記載することは少ない。たまに書かれていても既に廃止された路線のものだったりするが、多くはバスの存在そのものを無視して「徒歩60分」とか「徒歩7000m」などとおよそ非現実的な記載がされている。

 聞けば業者も、事実上自家用車以外の交通手段を想定できないような地域でも何かしらの記載をしないと、物件情報の入力画面が進まないので仕方なく書いているそうなのだが、最近では完全に開き直って、交通機関の欄に「自動車」とだけ記載された物件広告を見かけることもある。

 つまり、現実に多数の住民の生活行動範囲が、駅を中心に徒歩や自転車、バスなどで形成されている郊外部と比較すると、八街以遠の集計は「最寄駅」として算出される範囲があまりに広すぎるため、この集計結果のみでは「八街駅」の利用を想定した生活スタイルがどれほど注目を集めているのか正確に読み取れないという問題もあるのだが、そもそも駅から徒歩ではとてもたどり着けないような僻地にまで当たり前のように賃貸物件が立ち並ぶ町も珍しいと思うので、それも含めた「八街」という町が注目を集めている、と判断しても差し支えはないのかもしれない。
apart
「徒歩89分」と記載された八街市内のアパートの物件広告。

 では、実際にその八街の僻地にある賃貸物件は、どのような立地に位置しているのだろうか。当ブログではこれまで限界分譲地について、グーグルマップ上でその所在地を公開してはいたが、本文ではあくまで分譲地内の現況をお伝えするだけで、立地条件については「農村部」や「僻地」と記載するだけで、その具体的なロケーションの模様を紹介する機会は少なかった。そこで今回は、八街市のとある限界分譲地に位置するあるアパートを例に、そのエキセントリックな立地を堪能する散歩に出かけてみたいと思う。
IMG_20201220_115146
 場所は八街市砂(いさご)。千葉県道53号線「千葉川上八街線」と県道289号線上の「沖十文字」を結ぶ八街市動115号線の道路脇に、ある一つの看板がある。「この奥にアパート有り 入居者募集中」とのことなのだが、この看板が立てられている地点が既に八街駅より7㎞強も離れており周囲は完全に農村地帯で、徒歩で100分近く要するのに、そこからさらに奥にアパートがあると言う。そしてそれなりに設置費用も掛かるであろうこの大きな看板に、デカデカと「空室有り」の文言が鮮明に印刷されている。どうやら常に空室を抱え続けることを前提としているらしい。
IMG_20201220_115239
八街市砂、八街市道115号線の道路脇に大きくそびえ立つアパートの看板。
IMG_20201220_115213
この看板がある場所が既に駅からも遠く離れた農村地帯である。
看板の所在地。

 看板を出しているのは八街市内の建築・不動産業者である「総武住販株式会社」。バブル末期の1990年より八街市内で建売住宅の建築・販売を続けている、市内では老舗の業者のひとつである。以前、何かのメディアで現社長のインタビューを目にしたことがある(記事を検索したものの見つけられませんでした)。それによれば、全盛期には年間100棟ほどもの建売住宅の建築販売を手掛けていた同社だが、その後の八街市内の住宅市場の縮小に伴い、現在は年間20棟ほどの販売まで数を減らしてしまったと語っていた。

 そして実は今回紹介する件のアパートは、ほかならぬ僕自身が、都内から八街市へ移住を計画していた際に、この総武住販の営業担当者に実際に室内を案内してもらった物件のひとつなのだが、当時、僕がその担当者に、どうしてこんな所にアパートがあるのですかと問うたところ、その担当者は「私もどうしてこんな所にアパートがあるのかわかりません」と前置きしたうえで、昔開発した分譲地に空き区画があったのでアパートを建てたと聞いている、とのことであった。

 看板の案内通り横道に進入しても、風景はまるっきり農村集落の趣で、賃貸アパートを借りて暮らすイメージとまったく結びつかない。少し進んだ先に本源寺というお寺があり、その境内の片隅には、八街市の指定天然記念物である「カタクリ群生地」の案内看板が出ているが、僕が見に来たのは天然記念物ではなく賃貸アパートである。
IMG_20201220_115400
横道に入った風景は、まさしく農村集落の裏道の光景である。
IMG_20201220_115718

「本源寺」の境内の片隅に、「カタクリ群生地」の案内看板がある。
IMG_20201220_115730
本源寺。

 本源寺を過ぎた先は少し開けた谷戸となっていて、おそらく現在はほんの部分的にしか耕作されていないであろう谷津田が広がる。地区のコミュニティセンターの隣には「日枝神社と神社集落」と記載された案内看板があり、道路脇の斜面にいくつかの小さな祠が立ち並んでいるのが見える。日枝神社はその隣にあり、先ほど案内看板を見かけたカタクリ群生地もここの奥にあるようだ。しかし、賃貸アパートは見当たらない。

IMG_20201220_115943
本源寺がある集落を抜けた先に広がる谷戸。
IMG_20201220_120029
IMG_20201220_120009
日枝神社と神社集落。アパートはない。

 カタクリ群生地の先は、道路は雑木林の中へ向かっており、その雑木林の中で道は二股に分かれている。交差点付近にはデイサービスの案内看板があり、このデイサービスは目指すアパートの近くに位置しているはずなので看板の方向へ向かう。やや道路が険しくてこの先にアパートが果たしてあるのか不安になるが、間違いなくあるので意を決して進む。
IMG_20201220_115937
カタクリ群生地の先は民家も途絶え、道は雑木林の奥へと向かう。
IMG_20201220_120338
問題のアパートへ向かう道への分岐。アパートの近所にあるデイサービスの案内看板がある。

 分岐の先は再び集落となるが、先ほど通過した本源寺のある集落とは異なり、こちらは家屋も疎らで、所々が太陽光パネル基地に転用されている。太陽光施設は分譲地内では頻繁に目にするが、実は一般の農村集落でも見かける機会は多い。今はあまり許可されないかもしれないが、おそらく農地転用されたうえで休耕地に設置された太陽光パネルを見かけることもある。ただしパネルはあっても賃貸アパートはない。
IMG_20201220_120428
雑木林を抜けると現れる集落。太陽光パネルもある。
IMG_20201220_120516
先ほど通過した集落と比較すると、家屋の密度はずっと少ない。

 この集落を越え、既に使われなくなって朽ち果てた牛舎跡の脇を抜けると、周囲は再び谷津田となるが、ここまで来るともはや民家もなく、周囲は谷津田と雑木林が広がるのみとなる。道幅もいつの間にか、普通車同士が離合するにはやや神経を使いそうな幅にまで狭くなっており、果たしてこの先に本当に賃貸アパートが存在するのか、いよいよ不安になってきた頃になってようやく、件のアパートが存在する分譲地が見えてくる。看板には「この奥にアパート有り」と記載されていたが、なるほどその記載には一切の脚色・誇張もない紛れもない奥地である。
IMG_20201220_120632
集落を抜け、やがて朽ち果てた牛舎の先は家屋も見当たらなくなる。
IMG_20201220_120825
IMG_20201220_120736
もはや周囲に民家も見当たらない、四方を雑木林に囲まれた谷津田。
IMG_20201220_120744
谷津田の合間を抜ける狭い道。目指す分譲地はこの先にある。
IMG_20201220_121426
民家もない谷津田を越えて、ようやく目的の分譲地が見えてくる。

 分譲地の周囲には旧来からの農村集落は見当たらず、元々山林であったところを新たに開発して分譲されたもののようだ。それにしても旧来の集落すら途絶えた交通不便な最奥部に、ある時期になって、一民間業者の営利のために突然出現した新しい集落。所謂「限界集落」は今では日本の多くの地方都市で抱える問題だが、八街の場合、その問題の限界集落の更に奥地に、このような、僅か1世代で早々に過疎化する「限界分譲地」という余計なオプションが付け加えられており、問題をより複雑かつ困難なものにしている。
IMG_20201220_121223
分譲地内の模様。ほとんどが同時期に建てられたと思われる建物で、旧来からの農村住宅はない。
IMG_20201220_121018
バブル末期に突然出現した新しい集落である限界分譲地。

 件のアパートは分譲地内に3棟ほど散在しているが、いずれもそのアパートの駐車場はほとんど空である。このアパートの募集広告は、僕が実際に案内してもらった4年前から今に至るまで常に物件サイトに掲載されており、人手不足の運送会社の求人よろしくサイトの常連なのであるが、今回久々に訪問しても、やはりどう見ても満室には見えなかった。
IMG_20201220_121200
IMG_20201220_121243
分譲地内に数棟あるアパート。いずれも満室には見えない。
IMG_20201220_121521
アパートの駐車場に停められている、長期間動かしていないと思われる車両。
soubu1
アットホームで常時掲載中の物件広告。

 しかし、ここのアパートが満室にならない理由は、もちろん最大の理由はこの極めて不便な立地条件にあることは疑いはないのだが、もう一つ、実はこの分譲地のゴミ集積場や周辺の電柱には、ちょっと穏やかではない文言が書き込まれた張り紙が多く張り巡らされていることも理由の一つであるかもしれない。

 当ブログは原則として僻地の開発分譲地におけるハード面の問題を扱うものであり、住民個人の気質に言及するような記述は極力避けているので、ここでその貼り紙の内容を詳述するわけにはいかないのだが、張り紙の中には、改造車の使用者に対する罵詈雑言が書かれたものもあり、そしてここのアパートには実際に改造車が置かれている所もあったことから、戸建住宅の所有者と、定期的に入れ替わる賃貸アパートの住民の間で過去に何らかの軋轢もあったのかもしれない。一応、あくまで参考として1枚だけその貼り紙の画像を貼っておく。
harigami
ゴミ集積場に貼られていた不穏な貼り紙。これも空室率の高さの要因なのだろうか。

 そしてこの分譲地からさらに南へ少し進むと、もう一つ、同じ業者(総武住販)によって開発された別の分譲地がある。並ぶ家屋は先に紹介した分譲地と似たようなもので、やはり同じようにその合間にいくつかの賃貸アパートが並ぶが、こちらも明らかに多くの空室を抱えている。そしてこちらの分譲地は、アパートだけでなく戸建の家屋でも、空き家と思われる家屋がいくつも目に入る。ただしこちらの分譲地には、旧来から存在すると思われる農家らしき住宅も近接していた。
IMG_20201220_122256
IMG_20201220_122135
少し南に進んだところにある別の分譲地。
IMG_20201220_122019
IMG_20201220_122108
こちらにもアパートが数棟あるが、やはり空室が目立つ。
IMG_20201220_122148
IMG_20201220_122230
IMG_20201220_122417
こちらの分譲地は空き家が目立つ。やはりその不便すぎる立地が見限られているのだろうか。

 今回紹介したこの2つの分譲地は、共に周囲に別の集落もなく農地が広がるのみなので、少し離れた所に移動すればその分譲地の模様を一望できるが、遠望すると余計にその立地条件の珍妙さが実感できる。利便性もロケーションも、どう考えても限界集落以外の何物でもないのだが、この二つの分譲地の中には、単身者か、せいぜい子供がいない夫婦で暮らす程度の2DKのアパートが何棟も存在しているのである。
IMG_20201220_122311
IMG_20201220_123539
遠巻きではどう見ても単なる限界集落にしか見えないが、複数の賃貸アパートがある。

 もっとも八街の限界分譲地は基本的に戸建の住宅地であり、ここの分譲地のように賃貸アパートがいくつも建ち並んでいることはむしろ稀なのだが、八街は貸家も含め、このような、事実上近隣の賃貸相場を押し下げる役割しか果たしていないような物件がゴロゴロ転がっている。総武住販の担当者が述べていたように、八街は「そこに土地があったから建てた」としか説明のしようのない住宅やアパートが次々と市場に放出された故に、近隣市町村と比較しても利便性の割に(ここの分譲地は利便性0であるが)賃料が安めの物件が今なお多く残され、そしてそれが今回のコロナ禍で注目を浴びた、ということなのだ。
IMG_20201220_122203
 それは、町のあり方としては決して理想的なものとは言えないかもしれない。乱開発の末にたどり着いた行き先であることは否定しがたい事実であり、賃料の安さを求めて人が集まってくる町、では、イメージとしてもやや見劣りする面は、確かにある。
  
 しかし、金銭的に余裕のある層しか住まいを確保できない街だけでは、社会は成り立たないのも事実である。それが調整弁の役割であったとしても、まずはそれなりに暮らせる住居が容易に確保できる町も、どこかに一つはなくてはならないのだ。多くの物件ストックを抱えたこれからの八街は、首都圏においてそんな役割を果たしていくのかもしれない。否、冒頭でも述べたように、八街という町は、その歴史を振り返っても、入植当初より常にその役割を担う宿命を背負った地域である。それならそれで、八街は今後も、首都圏の縁の下という立ち位置で、その役割を担い続けていくのが良いのではないかと僕は思うのだ。
IMG_20201220_122006


複数のアパートを抱える分譲地へのアクセス
八街市砂
・千葉東金道路山田インターより車で15分
・総武本線八街駅より八街市ふれあいバス「南コース」 「いさご」バス停下車 徒歩15分